【開発ブログ】ディレクター:高田

皆さんこんにちは。『デビルサバイバー2 ブレイクレコード』(以下デビサバ2BR)のディレクター、高田です。

デビサバ2BRの発売日1/29まで、一週間を切りました!
新規ストーリー『トリアングルム編』の情報も色々と出てきましたので、今回はそのあたりについて触れてみたいと思います。

まず最初に、オリジナル版となるセプテントリオン編には、登場人物全員の願いが叶う結末はありません。これは当時、何かを得るには何かを捨てなければならない時もある…。世の中には選択と葛藤が常にあり、誰もが幸せになる都合の良い世界はないという考えが自分の中にあったからです。

ですがデビサバ2の開発終盤から、震災など色んな事がありました。
そんな中、ゲームって何だろうな?と思うことが増えてきて、その答えの1つとして『前に進む勇気を与えるもの』にしたいと改めて思うようになりました。

試練を乗り越えたのなら、むくわれたっていいじゃないか!
数ある選択があるデビサバだからこそ、大団円もあってもいいじゃないか!と考えたのが『トリアングルム編』のきっかけです。

勘の良い方は気付いてらっしゃるかと思いますが、トリアングルム編は回帰ルートを選んだその後に近い物語です。
ですが厳密には、『管理者の支配から逃れ、さらに世界を元に戻す』という、どのルートとも異なる究極の理想を選択した、その後の物語になっています。
もちろん、そんな都合の良い選択は、セプテントリオン編には用意されていません。
世界の摂理に逆らう選択だからです。

だからこそ、理想を追い求めた彼らには、厳しい試練が待ち受けます。
世界は再び絶望に満たされ、極限状態に追い込まれます。
さらにそこにはヤマトも、憂う者もいない。
代わりに現れた謎の存在、ミヤコの不可解な行動……。

ぜひ皆さんの力で、そんな彼らに新しい未来を見せて欲しいなと思います。
そしてこのゲームが、皆さんの『生き残る』力に、少しでもお役に立てれば幸いです。

それでは、今年もデビサバ2BRや、アトラスをご支援賜りますよう宜しくお願い申し上げます。